■世界で一つのキッチン

 

 

板壁の家のキッチンです。

 

このキッチンは、システムキッチン等の既製品ではなく、

すべてオーダーメードで設計し、作られています。

 

ガスレンジとステンレスシンクの下はオープンで、

分別ごみ箱などを自由に置きます。

 

キッチンの■赤いタイルは、

建主さまと私達設計者と一緒に張りました。

 

竣工間近の2007年8月4日と8月5日の2日間、

汗を流しながらの作業です。

 

建主さまは、

“良い経験になったねえ。愛着もいっそうわくね!”と、

家づくりに参加できたことを、大変喜んで下さいました。

 

気持ちよく作業をさせて下さった

伊藤工務店にも感謝です。 

 ■赤いタイルの話

 

真っ赤な色のタイルが、

意外と存在しないことがわかりました。

 

製造過程で、

釉薬を塗り、焼く工程を、

2回繰り返さないと、

真っ赤な色が出ないのだそうです。

 

又、苦労して作っても、

色が色だけに、

大量に売れないことも、

理由の一つだそうです。

 

赤っぽくても、

朱色やワイン系の色だったり、

この真っ赤な色タイルを探し求めて

何軒もタイル屋さんを

廻りました。

 

 

 

赤い100角のタイルを割って、

配置を考えながら張っていきました。

 

接着剤をくし目コテで塗り、

タイルを張るのですが、

適当なようで、

モザイク模様に張るためには、

配置計画が必要です。

 

二日目は、

パテで目地を埋める作業です。

 <  home    profile   works    projects    blog(美味しんぼ日記)    topics(エピソード色々)