とんがり屋根の家↓写真をクリック!   

 

 2階LDKは、12坪のワンルーム+ロフトの構成となっています。

ロフトは屋根から吊られた構造で、LDKに柱が無くなるよう計画しました。

屋根に沿った斜め天井で繋がった空間は、視線の広がりをもたらし大空間を作り出します。

家族みんなの気配を感じながら過ごせる家です。

 

LDKの妻面にピンク色と黄色のアクセント色をつけました。

外観は6寸勾配の屋根が特徴で、エントランス廻りは杉板張りとしています。

   

 板壁の家 ↓写真をクリック!

木造3階建ての建築面積12坪の典型的な都市型住宅です。

 

架構を単純化させ、SE構法を採用することで、2階をワンルームに、階段室に全面トップライトを、

1階駐車場や、花火観賞のための屋上などを確保、そして耐震性能強化など、すべてが満足できるよう計画しました。

 

内外装についても自然素材を使うことを心がけました。

外壁は米杉板、内部床は柔らかく体に優しい杉の無垢フローリングとし、壁・天井はすべて漆喰仕上げとしました。

 

   ローズ動物病院+住宅↓写真をクリック!

 1階が動物病院でRC造、2階は住宅で木造という構成で、混構造は異なる各用途に適した形態としています。

 

人や動物に優しく、暖かい雰囲気の建物を目指しています。待合室は暖色系で仕上げ、照度を落とし、落ち着いた雰囲気をもたせました。

アプローチ部等の段差をすべて無くし、お年寄りから子犬までも無理なく歩く事ができます。。又医療設備もさることながら、待合と入院室とをつなぐ長い廊下は、処置室や手術室などを通らず入院中のペットを見舞う事が出来、かつ医局の独立性を高め、理想の動物病院を目指しています。

 

1階は仕事場、2階は住居ということから、仕事と家庭の切り替えが瞬時に出来るような建物を心がけ、設計しました。

2階木造部分は、建築主の曾祖父が植えられ、代々育ててきた杉を伐採し製材したものを使用しています。構造材はもちろんのこと、

床・天井・建具・家具もその杉材を加工しています。杉の優しい肌触りと左官材で構成された住宅空間は、1階の仕事場から帰宅し疲れた心と体を癒してくれるようでもあります。

 

   3世帯の住宅↓写真をクリック!

3世帯のための住宅です。

 

1階に娘夫婦、2階に息子家族、3階に夫婦が住むという3世帯構成です。

1階のエントランスホールは3世帯共有のホールで、

北側にもかかわらず、大きな吹抜け上部のトップライトからの光で、一日中明るい空間となっています。

 

3階のご両親が高齢の為設置したホームエレベーターは、1階の共有玄関や、半階下の駐車場レベルでも乗降できます。

 

 北側前面道路に面した立面は、多世帯を感じさせないデザインで統一しています。  

 

<  home    profile   works    projects    blog(美味しんぼ日記)    topics(エピソード色々)